始めに、子供に向き合う基本的な考え方

 

子供にやらせたいことはまず親が実践あるのみです

 

 

子供が生まれる前から色々な育児書などを読んでみたのですが、
正直、本の数だけ理論がある感じでどれを実践したらよいか悩みました。
そこで自分ならどうだろうかと考えた時、

 

 

例えば先生がこうしなさいと言っても裏表がある態度をとられると
多分言われた通りできないだろうなと思いました。

 

 

そこで、子供にやらせたいことはまず親がやって見本をみせるのが確実なのではと考えました。
これなら子供からの親がしていないと屁理屈突っ込みはまず不可能です。

 

 

子供が生まれてから挨拶をきちんとさせたければ親も積極的に挨拶をと思い挨拶運動を始めてみました。
その他、横断歩道を真面目にわたるとかゴミをひらうとかお礼をきちんと言うとか
日常の些細なことですが大人になるといい加減にしていたことをしてみることにしました。
挨拶はとりあえず効果あったようで挨拶しなさいと教えなくても子供が自らするようになりました。
その他の事も意識は芽生えてきたようなので、地道に手本を見せていくつもりです。

 

参考までに
子育てで大変な人に送るメッセージがあります。オーガニックで安全安心の野菜を配達してくれるサービスがかなり安心で使いやすいです。
野菜通販のランキングでオススメ

2014/06/06 17:30:06 |

我が家には7か月になる娘がいます。
小さいうちからたくさんの本に触れさせたいなと考えていてまだ難しいような本もかなり購入しています。
本を通して、相手の気持ちを察する力や思いやること、想像力などを育てられたらいいなと思っています。

 

しかし本屋さんへ行っても、まだ7か月くらいではちょうど良い本が少ないです。
もう少し大きくなれば昔から読まれているような素晴らしい絵本がたくさんあるのですが。

 

そこで、自分で厚紙やペン、マスキングテープなどを使って絵本を作ることにしました。
あまり絵には自信がありませんが、ネットで検索したりして何とか描いてみました。

 

娘に読み聞かせるとニコニコ笑って喜んだので、調子に乗って何冊か作り読んでいます。
自分で作ると、「こういうことをねらいにしたい」というテーマで自由に作れるのがとても良いです。
また、絵本の中に娘や私たち両親を自由に登場させられるのも手作りの良いところ。

 

これからもまた娘の成長に合わせて作ってみたいと思います。

2014/06/06 17:28:06 |

どの子も気をつけた(つけている)ことは、あまり小さな頃から人工的に作られた強い刺激を与えないように、
配慮することです。

 

たとえば、私は映画が大好きで、家でも大きな画面で映画鑑賞を楽しみたいほうですが、子供が小さいうちは、家庭におく
テレビも、19インチほどの小さなテレビにしています。幼い子供にとって、どぎつい色彩のアニメーションを大画面で観ることは

 

 

大人が考えている以上に刺激がきつく、身体や脳の負担になると考えるからです。

 

ゲームなども、今は幼いうちからゲームをすることで、反射神経を鍛え、子供の脳に良いなどといった最新の研究結果もありますが、
少なくとも小学校中学年くらいになるまでは、極力遠ざけておきたいというのが私の考えです。まわりの影響もありますので、
なかなか難しい面もありますが。

 

そのかわり自然に親しむ機会をなるべく作るよう心がけています。

2014/06/06 17:27:06 |

私は「子供を育てる」のではなく「人を育てる」んだと思い育児をしてきました。
世間には「子供だからと許されることは何ひとつない」と思っているからです。

 

私の中に「子供だからしかたない」というような言葉はありません。

 

 

ですから、大人になってからダメなことは子供でもダメなんだと教えてきました。
そして、誰を差別することなく個々の個性を尊重できる子に育って欲しくて、勉強よりも社会的なルールを教え、右に倣えで一人で何もできない子になるのではなく一人でも大丈夫な子になって欲しいと願って、人と一緒でなくても良いのだと教えて育児をしました。

 

 

また、命の大切さを知ってもらうために小さな頃からいろいろな生き物を飼って、繁殖させたりして、直接命に触れされてきました。
多少個人志向が強くなってしまって自分と合う人と出会うのは難しいかもしれませんが、一人の楽しみ方を知っているので苦痛は少なく済むと思いますし、合う人に出会った時には裏表なく深く信頼できる関係を持つことができるようになると思います。

2014/06/06 17:24:06 |

子供にはなるべく菌に強い子供になってほしいものです。この頃砂場で遊ばせないとかそういう親御さんもいらっしゃいますが、私はなるべくなら子供には体力や免疫力をつけてほしいので積極的に砂場で遊ばせるようにしています。

 

 

子供は砂場で遊ぶと手や体も汚れますが、もちろん安全面には気を使いますがそれでも思いっきり遊ばせるようにしています。神経質になるまわりの大人たちには砂場で遊ばせて大丈夫かと心配されることもありますが、免疫力は大人になってからはなかなか養えないものなので、子供時代の今のうちからつけるのも大事かと考えています。

 

 

最近は新たな病原体も増えていますから、子供には体力をつけて風邪をひきにくくしてほしいです。
子供は砂場で遊ぶととても気持ちが良さそうですし私もその顔をみることが好きなので、衛生面には気をつけつつ昔のように砂遊びをさせたいと思っています。